様々な会場がある

展示場

自社で販売する商品の営業する場合でも、単に広告を出すだけではお客さんが来ない可能性があります。一見だれでも見たらわかる商品ならば、宣伝をするだけで売れる可能性があります。例えば、いすや机などがこれに該当します。しかし中身を見なければその良さが分からない商品もあるでしょう。例えばパソコンなどは中身を見なければ、その良さを理解することができません。そして実際に使ってみなければ、本当の価値が分からないことも多いです。このような場合には、展示会を開催してお客さんに直接操作をしてもらうことが重要になります。展示会を行う場合に理解しておきたいのは、どれぐらいの会場にしたらよいかということです。会場の規模に関しては大きければ大きいほどよいですが、商品がそれほどないのにあまり大きな会場を借りても出費だけがかさむだけです。そこで紹介したい商品やコンセプトなどを考えて、会場の規模を選ぶと良いでしょう。各ブースの規模を見ると、大きなところから小さなところはりありますが、これに関しては早い者勝ちの部分もありますので、あらかじめ早い段階でその展示会の情報を入手することは必要になるでしょう。人数も重要になるため、会場に応じた人数を配置しなければいけません。例えば、小さなブースならば2人から3人の従業員がいれば充分です。誰かが休憩しているときやトイレに行っているときも、3人もいれば困ることはまずありません。

どのように見せるのか

展示場

より多くのお客さんに商品を買ってもらうためには、展示会の見せ方が重要になります。展示会商品を展示する場合には、一番目立ちやすいところに目玉商品をおいておかなければいけません。つまりその前の段階で、今回の展示でどの商品を目玉にするかを決めておかなければならないことが理解できるでしょう。ある程度商品の優先順位が理解できたならば、実際に展示をしてみて確認をしておく必要があります。なかなかスタッフだけだとお客さんの視点に立つことができないため、実際にお客さんに扮してその会場に行ってみるとお客さんがどのような視点で商品を見るのかがわかります。これにより、展示スペースなども少し工夫をしなければならないところです。これらはすぐに決めることができるわけではなく、半年ぐらい前から少しずつ用意をしておく必要がります。特に3カ月前ぐらいなると、ある程度具体的な内容が分かってきますので、それをうまく現場に落とし込んで展示会を成功させることが重要になります。

店舗の売上アップに貢献
導入が簡単なので利用しよう

広告募集中