HOME>アーカイブ>個人事業主が法人をスムーズに設立する方法

法人を設立する時の悩みを解決する方法とは

オペレーター

個人事業主やフリーランスの方はビジネスが軌道に乗り出した段階で、税金対策等を意識してきますが、対策として法人を設立するケースがあります。しかし法人を設立する時には、会社登記住所や電話番号を取得する必要があるので、自宅で仕事をしている場合は、自宅の住所を使用する必要がでてきます。ネットビジネスをしている時に、自宅の住所をサイトに公開するのは、プライバシーの点からも、余りやりたくない方も多い筈です。そんな時に住所貸しのサービスを利用する事で、自分の自宅の住所を使用せずに済むので、非常に便利です。住所貸しとして、知人や友人の自宅の住所を貸して貰うケースもありますが、個人間でそのような事をすると、友人の自宅が賃貸物件であれば、不動産会社との契約違反に該当してしまうリスクがあります。その為住所貸しをサービスとして提供している会社を利用した方が、安心して住所を利用できて、とても便利です。

サービスを利用する前に知っておきたい事

オペレーター

法人を設立する時等に便利な住所貸しを利用する前に、知っておいた方がいい事があります。個人の方が住所貸しのサービスを有料で提供している場合は、違法のケースがありますから、サービスの利用は控えた方が安心です。バーチャルオフィスとして、住所貸しのサービスを提供している所を利用すれば、安全に法人を設立する事ができますから、積極的に活用しても大丈夫です。サービスの内容としては、住所を貸すだけですから、月額の格安料金でサービスを提供している所が多いです。経営を圧迫するような費用負担は発生しませんし、実際に賃貸オフィスを契約する時とは、比べ物にならないぐらいの低コストで法人を設立できますから、法人化のメリットだけを、得られます。

広告募集中