HOME>記事一覧>打ち合わせの準備をしておくのが基本的なマナー

相談前に準備をしよう

レジスター

レジアウトソーシングを利用しようと考えたときにはまず業者に連絡をしてしまいがちですが、事前に準備をするのを忘れないようにしましょう。どの程度の業務を要求するのかを明確にしておくことでスムーズに打ち合わせが進みます。

準備をするのはマナーでもある

レジアウトソーシングの相談をしたいと業者に連絡する前にきちんと準備をしておくのはマナーでもあります。基本的にはヒアリングを受けてどんな体制でレジ周りの運営をするかを提案してもらうことになりますが、現場を見ていない状況で的確な提案をするのは困難です。現状がどうなっていて、どのような問題を抱えているのかを端的に伝えられるようにしておきましょう。それが結果的に必要十分な体制を整えてもらうのにつながります。

アウトソーシングの意味も理解しておこう

レジアウトソーシングを利用するときにはアウトソーシングの意味も理解しておくのが大切です。レジ周りの業務を一通り委託し、どのようにして業務を遂行するかについても業者側に考えてもらうのがレジアウトソーシングの基本となります。その内容について業者から確認を受ける形になりますが、基本的には任せるのが原則だという認識を持って細かな指示はしないのが原則だとわきまえましょう。

広告募集中